スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
第400回 寒いプール
毎週水曜日は次女のプールの日。
毎週楽しみにしている。
一人でハシャギ、他の子が尻込みしている間に何度も泳いでみせる。
順番なんて関係ない。

「やらないなら私やる!」
みたいな感じで積極的に泳ぐ。

コーチもそんなスズミに他の子と違うレッスンをしてくれているらしい。

しかし、この日はやたら寒かったらしい。
泳ぐの大好きなスズミも小さい身体を更に小さくして震えていたらしい。

あえて私はモンスターペアレントになってスイミングスクールに文句言ってやりたいと思った。
プールで邪ひかせる気かぁ!俺はモンスターだー!!!」
って。
すずみ8

次回も寒かったら私はモンスターになる・・・かも

スポンサーサイト
[2008/11/27 15:30 ] | 家族 | コメント(3) | トラックバック(0)
第399回 講習会開催
今週は土日の二日間でスポーツコンディショニング講習会があります。
主催は札幌に拠点を置くADSさんです。
(詳しくは⇒http://www.ads-sapporo.co.jp/

一日目は一般向けの講習会です。
私の担当は、テーピングです。

二日目は、旭川バスケットボール協会主催のJABBA認定講習会です。
私の担当は、やっぱりテーピングです。

しかし、この時期は高校も中学もテスト期間になるので参加者が少ないと思われます
私個人では、少ないほうがテーピングはやりやすいので良いのですが、主催者の採算が合わないのでは??と心配です。

2日目の講習会は、旭川バスケットボール協会が主催で、しかも認定講習会ですので参加者も多くなると思います。

1日目はちょっと心配ですね

最初の予定では、1週前だったのですがイロイロな都合上今週になりました。

すると、1日目の参加者が激減
いや~、タイミングって大切なんですねぇ。

さて、主催者の心配しているよりも自分の講習会の資料をまとめなくては
急がなくては

おいすずみ
テレビを見ながら寝るなよ
すずみ6



[2008/11/26 08:50 ] | 社会活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
第398回 ラウンド1にて
昨日、ラウンド1へ行ってきました。
長女と次女と長女の同級生(ミサちゃん)を連れて行ってきました。
初めてのローラーブレードで何度も転倒していました。

ミサちゃんは
「スケート行った事あるから滑れるよ!」
と言っていたのですが、転倒しまくりで壁から手を離せません。

ラウンド1のスタッフがきて、二人の指導をしてくれました。

私は次女と一緒に滑っていました。
次女はもちろん滑る事は出来ません。
抱えながら滑るのは大変で腰が痛くなります。

ラウンド1その2

スタッフの方の指導が良かったのか、二人ともあっと言う間に滑る事が出来るようになっていました。
若いのに教え上手でした。
名前は分かりませんが、ありがとうございました。

子供達も帰りに
「ありがとうございました」
と笑顔でお礼を言っていました。

ラウンド1その1

3時間パックを目イッパイ使って遊んできました。

お父さんはヘトヘトです・・・
でも楽しくて良かったね!

[2008/11/25 09:05 ] | 家族 | コメント(0) | トラックバック(0)
第397回 旭川医大でアップ指導
最近寒さが増して来ています。
ストーブに集まりたくなる気持ちも分かります。
ストーブの前で


11月22日に旭川医大の男子バスケットボール部にアップの指導をしに行きました。
将来医者になる方々ですから、理解度も高く真面目に人の話を聞いていました。
練習中も大学生なのに真面目でビックリしました。
運動能力のある選手も1~2人ほどいました。
勉強もできて運動も出来る!
良い事です。
うちの子たちもそうなって欲しいなぁ・・・。

[2008/11/25 08:57 ] | 社会活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
第396回 日本の医療費
いつも朝から元気な子供達
ちょっと止まってくれない?写真上手く撮れないから
すずみはくと10
ほらね・・・

■わが国の医療費は諸外国と比べて多いのでしょうか?
 また、わが国が支出している医療費は外国と比べて多いのでしょうか?

外科系学会社会保険委員会連合ホームページ 厚生労働省の発表によれば、平成15年度の国民医療費は31.5兆円余りで、国民医療費の国民所得に対する割合は8.6%となっています。
問題点として、

国民医療費は国民所得を上回る伸びを示している
特に老人医療費の伸びが著しい
と述べていますが、最近数年間を見る限り、医療費増加のカーブは平坦化しており、老人医療費も増えていません(図4)。
わが国の医療費図4


これは平成14年から始まった、厳しい医療費削減政策、診療報酬の度重なる引き下げ(平成14年は-2.7%。平成16年は-1.0%。平成18年度は-3.16%)の結果であると考えられますが、その一方でわが国の医療、特に病院医療の崩壊が加速し、国民皆保険を誇ってきたわが国で、老人や低所得層の医療難民が急速に増加しつつあることは、最近マスコミでも度々指摘されている通りです。


A) わが国の医療費は国際的に見ると大変に少ない。
そもそも31兆円という医療費は国際的に見て多いのでしょうか、少ないのでしょうか。OECDが発表している“Health Data 2005”によれば、OECD加盟国の総医療費の対GDPに対する割合はわが国は7.9%です。これは米国の1/2にすぎません(米国は15%)

世界先進国の中では最も低いのです。つい先頃までは英国が7.7%で日本よりも低かったのですが、英国国民の医療に対する不満を解消するためにブレア政権が数年前から医療費増加政策に転じたため、現在では英国にも抜かれてしまいました(図5)。
わが国の医療費図5


わが国の政府やマスコミは医療費が30兆円を超えた、大変だと宣伝していますが、先進国の中で日本の医療費支出は実は一番少ないのです。ちなみに、わが国のパチンコ産業の年間売り上げは国民総医療費と同じく30兆円、また、葬式産業の売り上げは15兆円と言われています。葬式に費やすお金がわが国の総医療費の半分と言う現実を国民の皆さんはどう考えられるのでしょうか?


B) わが国の医療費を誰がどのように負担しているのでしょうか?国の負担は25%、国民の負担は45%
わが国では1年に30兆円余りの医療費が使われているのですが、この医療費を誰がどのように負担しているのかご存知でしょうか?図6を見て下さい。患者本人が15%、国民が保険料として毎月の給料から天引きされたり、市役所などに納めている本人保険料が30%、会社などの事業主が22%、国庫負担が 25%、地方自治体の負担が8%となっています(図6)。
わが国の医療費図6


前回および今回の医療制度改革で高齢者負担が10%から20%、30%へと大幅に引き上げられましたので、今後本人負担分は15%を大きく超えることになるでしょう。一方、大変だ、大変だと言っている政府が支出しているのは医療費の25%、8兆円足らずでしかないのです。米国が医療や福祉に国家予算の半分以上を支出しているのと比べると、わが国では社会福祉が大変に軽視されているのがわかります。実際、わが国の政府が医療に支出している予算は米国の 1/10にすぎないのです(図7)。
わが国の医療費図7



C) 医療制度改革で国と事業主の負担が減り、患者と国民の負担が増えている。三方一両損の実態は?
平成14年度の医療制度改革で診療報酬は2.7%引き下げられました。この時、小泉首相は“三方一両損”と言う旨い言葉を使って、国民や医師や病院に納得を迫りました。

皆さんは、国も、地方自治体も、事業主(企業)も、国民・患者も、改革による痛みを分かち合い、分担するのだと考えておられたと思います。本当にそうだったのでしょうか?

図8を見て下さい。国民医療費を誰がどのように分担しているのかを示したものです(図8)。
わが国の医療費図8


1980年当時と比べると、国の医療費負担は5%も減っているのです。また、事業主負担は2%減っています。一方国民の直接負担は5%増え、地方自治体の負担は3%増えています。

“三方一両損”といわれて国民はあきらめたのですが、実際には国と事業主の負担が減り、国民と地方自治体の負担が増えたのです。マスコミはどうしてこのような事実を国民に伝えないのでしょうか。不思議でなりません。

国民の皆さんは、厚生労働省の発表や、それをそのまま無批判に伝えるマスコミの情報を鵜呑みにするのではなく、このような実態を知った上で、わが国の医療と医療費を今後どのようにするのが良いのか考えて戴きたいと思います。

 『外科系学会社会保険委員会連盟 日本の医療について』より


日本の医療費は、この様に政府やメディアによって情報操作され”高い”と洗脳されているのです。
しかし、実際は低水準にあります。
これでは、医療崩壊が起こっても仕方ない事なのです。
報酬単価を上げ、水準の高い安心した医療を受ける為には政府が政策を見直し、メディアが正しい情報を伝える事が大切なのです。
[2008/11/21 09:00 ] | 医学 | コメント(1) | トラックバック(0)
第395回 何故科学者は科学が歪められている時に声をあげないのか?
いつものごとく朝6時前に起きてみると・・・
大雪です!
真っ白です!
子供達も興奮気味です。
つきなすずみはくと3
孝泰先生が除雪をしている!
お!板東先生も除雪をしている!!
がんばれ~!



興味ある記事を発見。
下記に紹介します。


Why Don't Scientists Speak Up When Science Is Distorted? (from HuffingtonPost.com)

Elizabeth M. Whelan, Sc.D., M.P.H.

October 24, 2007

http://www.acsh.org/healthissues/newsID.1628/healthissue_detail.asp

この文章は10月24日にHuffingtonPost.comに掲載された・・けんか腰の読者からの声とともに。



何年もの間、私の友人や同僚は「何故科学者はメディアが健康に関する恐怖についてインチキを報道しているのについて声をあげないのか?」「何故科学者は自称環境活動家がガンが増えているとか、口紅やあひるのおもちゃやプラスチックボトルに含まれる化学物質がガンや生殖異常の原因だとかの嘘を主張しているのに黙って座っているのか?」と私に尋ねてきている。私は答えを知っていると思う。嘘が広がるのを黙ってみている方が、立ち上がって誇大宣伝に立ち向かうより簡単で安全だからだ。

最近の個人的な例を挙げよう。

8月にCNNのレポーターJordana Millerが、バイオモニタリングに関して私に取材を申し込んできた。彼女は人々が血中「化学物質」の濃度を測定したがる傾向について私のオフィスにカメラを持ち込んで1時間の取材をし、CNNで放送されるかもしれないと言った。CNNでの放送はなかったので問い合わせたところ、 番組は延期されたが、しかし私のインタビューは採用されないとMiller氏は答えた。その番組は血中に「化学物質」が検出されればどんなに微量でも死亡を含む病気の原因となり得るという前提で作成されており、私の見解はその前提と相容れないので除外されるとのことだった。そしてCNNは「子どもの体に高濃度の化学物質が!」という放送を行った。

Miller氏は化学物質が子どもを病気にしているという Leo Trasande博士の見解を紹介した後、私に言及した。「Elizabeth Whelanは化学物質が子ども達の病気を増やしているという見解に同意しない。Whelanは血中にごく微量の化学物質が検出されたからといって必ずしも健康リスクがあることを意味しない、と主張している。」

その直後から私はたくさんの「恥知らず」とか「よく眠れるものだ」という私が子ども達の病気や死亡の原因であると主張するメールと電話を受け取るようになった。しばしば私のことを科学者ではないとか化学業界の道具とかみなしていた。なかにはACSHにCCの上私がそのような主張をしたのだからACSHを解雇しろと要求するものもあった。こうした逆上したCNNの読者/視聴者はACSHが「公衆衛生支援団体」であると知って半狂乱であった。

私の言ったことは攻撃されるべきことだろうか?こうした攻撃で彼らが正しくて私が間違っていると言えるだろうか?彼らの主張に同意しないものはうそつきであるという彼らの独善的な信仰を明示しているだけである。

この例は科学者が科学の歪曲を正す意欲を削ぐ多くの例の一つに過ぎない。

単に常識を述べただけで個人攻撃される科学者はどうすればいい?研究室や教室から退却して、あらゆるものに発ガン物質や毒物が含まれて我々の健康を害していると主張する「トキシックテロリスト」に明け渡す方が簡単である。個人攻撃の脅威は科学コミュニティーを沈黙させ、対話を抑止し、そして悪いニュースだけが報道される。



真実は個人や企業の利益により捻じ曲げられ、犠牲になるのはいつも我々一般市民です。







[2008/11/20 08:30 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
第394回 コルチナ・ダンペッツォ
今日は天気の良い日です。
すず・はく9
ここ2日間アクセス数が少し増えてますねぇ。
前のブログは一日1000アクセスあったのになぁ。
また徐々に増えてくれると良いなぁ。


コルチナ・ダンペッツォの人生哲学
「創造的になること。あえて他の人と異なる道を選ぶ事。自分に正直になる事。他の人がどう思うかと言うことに悩まされちゃいけない。あなたがどう思うか、そして自ら進んで何をするかってことで悩むの。そして何をするにしても、全力を尽くすことよ。全力を出し切らないで勝つより、全力を出し切って負ける方が良いわ
『文武両道日本になし』より


[2008/11/19 08:56 ] | 痛みのある人へ | コメント(0) | トラックバック(0)
第393回 雪降ってきた。
いつもの朝
・・・ですが、雪が降っていて、ちょっと寒い朝になっていた。
すず・はく
しかし、次女と長男の二人はいつも通り並んでテレビを見ている。
おい!近いって!!


昨日、老人会の健康セミナーの講師として行ってきた。
内容は腰痛と膝痛の為のセミナーだった。
予防の為の家でも出来る運動方法を教えてきた。
1時間の予定が1時間30分くらいになってしまった。
それでも皆さん楽しそうに運動していた。

再来週はスポーツセミナーがあります。
しかも土日の二日間!
私はテーピングを担当します。
バスケット関係者の方々はこちらを参照してください。
http://www.hokkaido.jabba-net.com/iinkai/coach.html


[2008/11/18 14:21 ] | 独り言 | コメント(0) | トラックバック(0)
第392回 旭川ミニバスケットボール選手権大会救護2008最終日
昨日、旭川ミニバスケットボール選手権大会の最終日だった。
朝から愛宕小学校のミニバスの選手は元気が良い!!
監督の成松さんも陽気だ^^
しかし、羽田野コーチはもっと陽気だった。
ビールでも呑んできたのでは??
と思うほどだ
最終日の朝

大会前に表彰の準備などをしている。
「最終日」と言う感じがしますね。
大会準備中

大会が終わり、男子は愛宕東が女子は愛宕が優勝した。
今年はベスト4からリーグ戦になる。
リーグ戦はどの試合も白熱した。
将来楽しみな小学生が沢山いた。
是非小学で辞めるとか中学で辞めるなんて悲しい事を言わないようにして欲しい。
指導者の皆さん、勝つ事は大切ですがもっと大切な事はその種目を好きにさせる事ですよ!

で、疲れて家に帰るとまたまた3人と戦う父であった・・・
馬!
ringoさんは、あと何年かと言うが、その「何年」か体が持つだろうか


父との戦いの後、ひとり静かにお気に入りの絵本を読む長男。
本を読む
可愛い小さな背中である

[2008/11/17 08:50 ] | 社会活動 | コメント(1) | トラックバック(0)
第391回 旭川ミニバスケットボール選手権大会救護2008
先週から旭川ニミバスケットボールの選手権大会が開催されている。
今年も開会式で下手くそな挨拶をした。

今日から先週の戦いを勝ち抜いた男女それぞれ4チームがリーグ戦を行う。

当麻体育館
試合前の体育館。
とても静かだ・・・

救護ブース
ステージにセットされた救護ブース。

リーグ戦は白熱を極めた!
詳しい内容は・・・・・
紹介しているHPがまだ見つからないので後日誰かに書いてもらう事にしよう。

この日は6試合だった。
明日は最終日!
今日より白熱する試合になるだろう。

私は疲れて帰ってきた後に長女次女長男の3人を相手に戦っていた・・・

馬乗り
も、もう満足ですか・・・(泣)

[2008/11/15 18:59 ] | 社会活動 | コメント(1) | トラックバック(0)
第390回 野球肘(肘の障害)
最近、朝起きると長女と次女が長男のオシメを取り替えている。
オシメを取り替える
長男もそれほど嫌がらずに寝ている。

兄弟愛だなぁ・・・。




野球肘
野球肘には大きく分けて3種類あるとされている。

内側型(上腕骨内側上顆炎上腕骨内側上顆剥離骨折尺側側副靭帯損傷・肘部管症候群)
外側型(上腕骨離断性骨軟骨炎・橈骨頭骨端症)
後方型(肘頭疲労骨折・肘頭骨端線離開・上腕三頭筋牽引障害)

などがあります。
多いのは内側型です。

殆どが小学生の時に発生しています。
中学で手術をしている選手もいますが、やはり小学生の時から痛かったと訴える選手が殆どです。
つまり、小学校の時にすでに壊れていると言う事です。
この事実を小学校の指導者は認識しなければならない事だと思います。
しかし、卒業後の事を気にしている指導者は少なく責任意識も低いのが現実です。

この話をしだすと話が脱線してしまうので肘の話に戻します。

野球肘の原因は、フォームや投球回数によると思われています。
最近では、足関節の不安定性や体幹の弱さ、股関節や肩関節の柔軟性の低下なども原因の一つだと考えられています。

小学生の投球数は1日 50球 週200球以内
中学校の投球数は1日 70球 週350球以内
高校生の投球数は1日100球 週500球以内

が望ましいとされています。
この望ましいと言うのも少しあいまいな所があります。
あくまでも「望ましい」ので個人差はかなりあると思います。
投球数が推奨より可也多くても異常なく投げる選手もいれば、
推奨の通り投げていても痛くなる選手は痛くなるのです。
ですから、現場での判断が大切になります。
選手の状態をよく聞き、「痛い」と言う事に耳を傾けるべきです。
そして、「痛いと」言える環境を作ることも大切です。


下の2つの図は、当院の超音波観察装置で見た野球肘の例です。
下図は、内側側副靭帯を痛めた画像です。
内側靭帯(左:内側側副靭帯が腫れている状態。右:正常な内側側副靭帯)

下図は、肘の内側に骨棘が出来た状態です。
骨棘(左:矢印部分が骨棘。 右:正常)

実は、上記二つの図は整形外科でレントゲン上異常なしと診断されたものです。
選手は痛みを訴えているのですが、レントゲン上は異常なしと言う事で湿布を貼って終わりだったそうです。
超音波を使うと微妙な変化を見る事ができるので、障害の早期発見に役立つと思われます。

少しでも肘が痛いと言い出したら直ぐに投球数を抑え医療機関を受診してみてください。


[2008/11/13 09:37 ] | スポーツ障害・外傷 | コメント(0) | トラックバック(0)
第389回 上山先生の講演のあと・・・
上山先生の講演のあと、数人の鍼灸柔整の先生と呑みに行った。
行った所は物凄く発見しずらいお店だった。

「こんな所にお店があったのか・・・
しかも、看板が出ていない・・・」

そんな所だった。
ここは、一緒に行った鍼灸の先生の行きつけらしい。

カウンターではちょび髭をはやした怪しい坊主頭のマスターらしき男がコップを拭いている。

「なんだか喪黒 福造が出てきそうな店だなぁ。」

しかし、お店の雰囲気は可也良い。

お店に入って直ぐにA先生がトイレに行った。
すると「おー!!」と驚いた声がした。

「なんだ??」

A先生がトイレから戻ってきた。

「ひろき先生!トイレに行ってごらん!凄いよ!舐めても良いくらい!!」

??トイレが凄い?
舐めても良いくらい??
酔っ払ってるのか???

とりあえずトイレに行ってみる。

すると
・・・・・・・・・・
おー!!!
なんじゃこりゃー!!(松田優作風)
トイレ

そのトイレはまるで高級ホテルのトイレのようだった・・・。
思わず写真を撮ってしまった

いやぁ、こんな素敵な所を教えて頂いたM先生ありがとうございました。
また今度呑みに行きましょうねぇ。


[2008/11/11 08:35 ] | etc | コメント(0) | トラックバック(0)
第388回 ゴッドハンド上山先生の講演
が降りました。
長女・次女・長男は感動して景色を見ています。
長男は、始めてみるに「おー!おー!」と言っていました。
雪を見る3兄妹



先日、旭川赤十字病院の上山博康先生の講演を聞かせて頂いた。
脳の手術でかなり知名度が高く、その技術は世界が認める程である。
テレビでも何度か見たことがある。
一日平均の睡眠時間は3時間程度であるそうだ。
見た目は怖そうな感じだが、話すととても温和な先生である。

講演の内容は脳に関する病気や手術が中心かと思った。
しかし、始まって見れば「モラル」の話だった。
最近モラルが著しく低下していると強く言っておられた。

例えば、
先生の所には相談のメールや手紙が山のように来るそうだ。
その山のようなメールや手紙に時間がかかっても返信するそうだ。

しかし、ここで問題がある。
手紙を送ってくる相談者は
「急いで返事が欲しい」
と書いてあるのにも関わらず『返信用の封筒』さえ入っていないらしい。
そして、すこしでも返信が遅れると
「なぜ早く返事をくれないんだ!」
と矢のような手紙の催促が来るらしい。

患者側のモラルの著しい低下。

助けて欲しい時だけ
「先生何とか・・・」
などと言うが、その後は何の音沙汰もなかったり
医療側の言ったとおりに治らなかったりすると直ぐに訴訟や抗議や悪評につながる。

医療側だけにリスクの高い覚悟を求め、患者側は何の覚悟も持たず責任を押し付ける。

「赤ひげ理論」などと賞賛するが、現在は「赤ひげ理論」を医療側だけに押し付けている。
あの映画では、貧しい人からお金を取らず医療を提供する。
しかし、その貧しい人は自分で作った大根やお米を持って提供する。

『その人が今できる事を気持ちを込めて行う』

これが本当の「赤ひげ理論」である。
なのに助けを求める時だけやって来て助けてもらったらそれっきり。
失敗しようものなら訴訟を起こす。
患者側のごね得の世の中になっている。

医療側は、患者を助けようと全力で治療をしている。
患者側も「この先生に頼んだのだから」と覚悟を決めるべきである。

医療を取り巻く社会的政治的環境の悪化やモラルの低下、ごね得の世の中が今の消極的な医療環境を作っている。


今現在、医療現場で頑張っている人たちに感謝と敬意を表していかなければならないと深く思う。

[2008/11/10 09:23 ] | 家族 | コメント(0) | トラックバック(0)
第387回 「さっちゃんのちいさなまほうのて」
うちの子達は寝相が悪い。
嫁さんを真ん中にして寝ているはずの次女と長男。
すずみはくと7
なぜか二人とも同じ方向を向いて横向きになっている・・・
おまけに布団も行方不明
風邪ひくぞぉ。



先日、ringoさんから紹介された絵本を購入し読んでみた。

心にグッときました。
特にお父さんが「さっちゃんのてはまほうのて」と言う場面は胸が熱くなりました。

絵本って良いですね。






[2008/11/07 08:34 ] | 本紹介 | コメント(1) | トラックバック(0)
第386回 今日届くはず
今日は遊びながらテレビを見る次女と長男。
オモチャを片付けてから見たらどう?
スズミハクト6
すずみ、そこじゃ見え難いんでしょう??


今日、ringoさんから紹介された絵本が到着するはず。
到着したら嫁さんに泣かずに読んで貰おう^^

私は一人で読む事にしよう。

[2008/11/06 08:16 ] | 独り言 | コメント(1) | トラックバック(0)
第385回 腰痛には精神的ストレスが関与している!
今日は家族全員が少し寝坊した。
ケインの体操が始まってもまだパジャマ姿の次女と長男。
スズミハクト
お~い。
早く着替えろよぉ~。


一昨日、NHKで腰痛について特集があった。
当院では、以前から腰痛は精神的ストレスが関与していると何度も言っている。
当院発行の健康新聞でも書いている。
菊地臣一先生の本も読んでいる。
椎間板の話も知っていた。
腰痛は、直立歩行のせいでもない事も知っている。

しかし、
「先生!腰痛って精神的ストレスでもなるんですね!!」
と目を輝かせて語る患者さん。

・・・だから、何度も言っているじゃないですか
話をちゃんと聞いてくださいよぉ

[2008/11/05 09:04 ] | 医学 | コメント(1) | トラックバック(0)
第384回 10分間で涙液中のIgE抗体を定性分析
連休中、特に何処へ行くわけでもなく、夜は家でゆっくりしていた。
なかなか夜に子供達と一緒にいる時間はない。
会合や講習会・学会などで旭川にいない時も多い。
だからこんな時くらい「子供達とゆっくり」と思う反面、
こんな時くらい「ボケー・・・」ッとゆっくりしていたい気もする。
下の写真は、子供達3人と戦い疲れてグターっとしている私の足。
つきなとすずみ
長女(右)と次女(左)は、テレビを見ながらテーブルに上半身を乗せ脚を上げて背筋を鍛えている。
彼女達は、まだまだエネルギーが余っているようだ・・・。



今日はこんな話題を見つけました。
『涙で花粉症を判定する迅速診断キット発売へ』
=================================
涙液を使ってアレルギー性結膜炎かどうかを判定する、国内初の迅速診断検査キット「アレルウォッチ 涙液IgE」が、11月7日に発売される(製造販売元:日立化成工業、販売元:わかもと製薬)。症状からでは花粉症かウイルス性結膜炎かの区別がつきにくいケースの診断に威力を発揮しそうだ。

 アレルギー性結膜炎の確定診断には、眼のかゆみや充血といった臨床症状のほかに、血清総IgE抗体や結膜擦過物中の好酸球などを確認する必要がある。だが現実には、眼科であってもそこまで確認することはまれ。一般には、眼脂の量や性状から感染性の結膜炎と鑑別するが、鑑別に迷うことも少なくなく、中には、ウイルス性結膜炎を花粉症と誤診し、抗アレルギー点眼薬が処方されて症状が悪化したという症例も報告されている(関連記事[pdf]:その結膜炎、本当に花粉症?)。

 今回発売されるキットでは、まず患者の下眼瞼結膜嚢内にテープ状のキットの端を当てて涙液を採取。その後、展開液に浸して10分置く。涙液中の総IgE抗体が定性分析され、陽性であれば色つきのラインが表示される。

 この検査では、「D004 穿刺液・採取液検査 涙液中総IgE定性」の100点(月1回に限り)が算定でき、別途、検体検査判断料として34点が算定できる。

 治験を担当した中川医院(大阪市旭区)院長の中川やよい氏は「はっきりした臨床症状がなく、診断に悩むような症例で、アレルギーと判断できることは大きなメリット。ただし涙液が少なくて測定できなかったり、逆に涙が多すぎてIgEが希釈され、陰性と判定されるケースもあるので、その点は注意が必要だ」と話している。


                            和田 紀子=日経メディカル

=================================

この時期は、鼻水の症状が出ても風邪なのかアレルギーなのか分からない。
先週もアレルギーだと思いアレルギー用の薬をのんでも効きが悪い。
それで風邪薬を飲んでみると鼻水がピタッと止まった。
そんな時にもこの検査薬は有効なのだろうか??



[2008/11/04 08:46 ] | 医学 | コメント(0) | トラックバック(0)
第383回 サリドマイドが多発性骨髄腫治療薬として承認
次女と長男はいつも一緒。
朝、テレビを見るときは必ず並んで見ている。

ハクトスズミ

仲が良さそうだが、すぐにケンカも始まる。



今日、サリドマイドが国内で承認された記事を見た。

=================================
10月16日、再発または難治性の多発性骨髄腫の治療薬として、サリドマイド(商品名サレドカプセル100)が承認された。年内にも販売が開始される見通しだ。

 サリドマイドは、1958年に不眠症の薬として販売が開始され、胃腸薬としても販売されたが、国内外で催奇形性(サリドマイド胎芽症)が報告されたため、62年に回収された。わが国のサリドマイド被害者は約1000人(うち認定被害者309人)に上る。

 ところが、99年に治療抵抗性の多発性骨髄腫に対する有効性を示す論文(N Engl J Med 1999;341:1565-71.)が発表されたころから、サリドマイドに再び脚光が当たるようになり、わが国でも個人輸入で使用するケースが急増した。

 サリドマイドを承認するに当たっては、薬害を繰り返さないよう、胎児にサリドマイドを曝露させないための管理方法が課題だった。サレドカプセル100の製造販売元の藤本製薬(大阪府松原市)は、国、学会、患者団体、さらにサリドマイド被害者の協力を得て、「サリドマイド製剤安全管理手順」(Thalidomide Education and Risk Management System:TERMS)をまとめた。

 TERMSの特徴は、サリドマイドの処方、調剤、使用に関するすべての情報を、同社が一元的に管理するという点だ。「今後、TERMSが本当にうまく稼働するか、きちんと評価していかなければならない」と、サリドマイドの被害者らでつくる財団法人いしずえ事務局長の間宮清氏。

 欧米では現在、サリドマイドに加え、サリドマイドと化学構造がよく似たレナリドマイドも実用化されている。わが国では治験の段階だ。

                               北澤 京子=日経メディカル
=================================

サリドマイドは、胎児に影響がでると言う事で過去に禁止になった薬品だ。
最初、ラットを使った実験では、以上は見られなかった。
これは、妊娠から出産までの過程が短い為影響がでなかったのだろう。
サリドマイドの影響を実証したのは、犬を使った実験だった。
犬は、妊娠から出産まである程度期間がある。
その為に薬害の影響が出て、サリドマイドの影響が実証されたのだ。

さて、今回の承認は果たして大丈夫なのだろうか?




[2008/11/01 08:21 ] | 医学 | コメント(1) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。