FC2ブログ
第469回 減量効果に最も優れている食事療法とは?
減量効果に最も優れている食事療法とは?

肥満治療として減量効果に最も優れているダイエット食とは? 米国ハーバード公衆衛生大学院栄養学のFrank M. Sacks氏らは、これまでタンパク質、脂質、あるいは炭水化物それ
ぞれの栄養素に着目したダイエット食の研究報告がなされているが、その減量効果は確立しておらず、また研究期間が1年を超えて行われているものがないとして、どの栄養素を重視した食事が効果的か、介入期間2年にわたる無作為化試験を行った。その結果、栄養素は関係なく、低カロリー食であることが肝心との報告を寄せている。NEJM誌2009年2月26日号掲載より。

栄養素の割合が異なる4つの食事療法群に無作為割り付けし2年間追跡

試験は過体重の成人811例を対象とし、脂質・タンパク質・炭水化物の各割合(%)が異なる4つの食事療法群、(1)20%、15%、65%、(2)20%、25%、55%、(3)40%、15%、45%、(4)40%、25%、35%に無作為に割り付け、2年間食事指導の介入を行った。

4群の食事はいずれも、心血管ヘルスガイドラインにのっとったもので、食品構成は類似していた。

主要評価項目は2年後の体重変化で、低脂質食群(含有比率20%)vs. 高脂質食群(同40%)、標準タンパク質食群(同15%)vs. 高タンパク質食群(同25%)、および含有比率が最も高い炭
水化物食群(同65%)vs. 最も低い炭水化物食群(同35%)の比較が行われた。

低カロリーな食事であることが重要、栄養素は関係ない

体重は6ヵ月時点では平均6kg、ベースライン時の7%相当減っていた。しかし12ヵ月後にはリバウンドし始めていた。

2年時点での減量は、標準タンパク質食群3.0kg vs. 高タンパク質食群3.6kg、低脂質食群 vs. 高脂質食群はいずれも3.0kg、最高炭水化物食群2.9kg vs. 最低炭水化物
食群3.4kgで、いずれも同等だった(すべての比較についてP>0.20)。

試験完了者の80%相当が、平均4kg減量していた。また14~15%相当の者が、試験前体重の少なくとも10%以上の減量に成功していた。

満腹、空腹感、食事に関する満足度、グループセッションへの出席率は、全群で同様だったが、セッションへの出席率が、減量(1セッション参加につき0.2kg)と強く関連していた。

一方で、4つの食事療法群ではいずれも、脂質関連のリスク因子および空腹時インスリン濃度の改善が見られた。これらを受けSacks氏は、「カロリーが低い食事療法が臨床的に意義のある減量をもたらす。どの栄養素の割合が際だっているかは関係ない」と結論している。

(武藤まき:医療ライター)

Sacks FM et al. Comparison of weight-loss diets with different
compositions of fat, protein, and carbohydrates. N Engl J Med. 2009 Feb
26; 360(9): 859-73.
スポンサーサイト



[2009/03/11 17:22 ] | 医学 | コメント(0) | トラックバック(0)
第468回 コーヒーを飲んで体重増加を抑制
コーヒーを飲んで体重増加を抑制

新しい解析的研究から、コーヒーやお茶を沢山飲むと(おそらく飲み物に
含まれるカフェインのために)体重増加を抑制できることが明らかになった。

疫学的研究から、コーヒーを沢山飲む人の2型糖尿病のリスクが減少する
ことが常に示されていた。 それで、カフェインがコーヒーを沢山飲む人の
減量に貢献しているものと推測される。

この仮説はカフェインの摂取後に新陳代謝率と熱発生が高まることを
示した以前の短期間の研究によってサポートされました。しかしながら、
それらの研究の研究期間は短くて(通常6カ月間以下で)長期のカフェイン
摂取の効果を評価していなかった。
|
そこで、スペインのマドリッド市のAutonoma大学の研究者達は、コーヒー
沢山飲む人のカフェインの摂取量と12年間の体重変化の関連を調査する
ことにした。

研究者達は1986年と1998年の間に健康産業に携わる男性18417人と
女性39740人を調査した。 研究者達は食品回数アンケート調査から
カフェインの総摂取量を見積もり、別のアンケートから年齢、体重
背の高さ、喫煙状態、運動、アルコール飲料の消費量、そして慢性病の
病歴のような他の変数を得た。

参加者の平均年齢は1986年において約51歳であった。 その後の
12年間の研究期間中に、ほとんどの男性と女性が体重を増やした。

研究者達は1986年から1998年までの男性と女性の体重の変化
(体重の増加)とカフェインの摂取量の変化の関連を評価した。 参加者は
カフェイン摂取量に変化があったことを報告した。男性は一日296mgの
減少から213mgの増加を、女性は一日342mgの減少から143mgの増加を報告
したのだった。(メモ:1杯のコーヒーに137ミリグラムのカフェインと
1杯のお茶に47ミリグラムのカフェインが発見された)

研究者達は、コーヒーの消費量を増やした参加者の平均体重の増加は、
コーヒーの消費量を減少させた人のそれと比べるとかなり低かったこと
を発見した。

例えば、潜在的な混在変数や総エネルギー摂取量や他の栄養素を統計的に
調整した後では、1日に211ミリグラムカフェイン摂取量を増やした
男性は1日に294ミリグラム減少させた男性より体重が0.45キログラム
少なく増加したのだった。 同様な結果が女性にも得られた。

興味深い事に、強い関連ではないが、類似の関連がカフェイン抜きの
コーヒーにも同じく観察された。この発見からカフェイン以外の他の構成
要素が体重増加を抑制している可能性もでてきた。

研究者達はコーヒーの消費が種々の機構を通してエネルギー代謝を高める
ものと推測している。

Reference: Esther Lopez-Garcia et al., Changes in caffeine intake
and long-term weight changes in men and women, Am J Clin Nutr,
Vol.83, pp674-80.
[2009/03/11 17:19 ] | ダイエット | コメント(0) | トラックバック(0)
第467回 女性は大豆食べ過ぎないで 乳がんリスク減も肝臓がん危険性高まる 厚労省研究班
◆女性は大豆食べ過ぎないで 乳がんリスク減も肝臓がん危険性高まる 厚労省研究班
2009年3月10日 提供:毎日新聞社
大豆:女性は食べ過ぎないで 乳がんリスク減も肝臓がん危険性高まる--厚労省研究班

 大豆製品をたくさん食べる女性は、あまり食べない女性に比べて肝臓がんになる危険性が3-4倍に高まることが、厚生労働省の研究班(主任研究者、津金昌一郎・国立がんセンター予防研究部長)の大規模調査で分かった。大豆に含まれるイソフラボンは、乳がんのリスクを減らすことが知られており、研究班は「食事を通して適度に取るのがいい」としている。

 研究班は93年から05年まで、6府県の男女約2万人(開始時40-69歳)の健康状態を追跡した。うち101人(男性69人、女性32人)が肝臓がんになった。アンケートで大豆食品をどれぐらい食べるかを尋ね、イソフラボンの2成分の摂取量と発症との関連を調べた。

 その結果、摂取量とリスクの関連が明らかになったのは女性だけで、摂取量が最も多い群(1日あたり豆腐80グラム以上、納豆3分の2パック以上)が肝臓がんになるリスクは、最も少ない群(同豆腐40グラム未満、納豆3分の1パック未満)のリスクの約3・2-3・9倍だった。

 研究班の倉橋典絵・国立がんセンター予防研究部研究員によると、イソフラボンの分子構造は、女性ホルモンのエストロゲンに似ている。エストロゲンは乳がんのリスクを高める半面、肝臓がんには予防作用があり、イソフラボンの過剰摂取がこうした作用を妨げると考えられる。

 倉橋研究員は「肝臓がんの最大のリスク要因はB型、C型肝炎ウイルス。女性の場合、まず感染の有無を調べ、感染が分かれば大豆製品の取りすぎに注意してほしい。感染していなくても過度の取りすぎには注意が必要」と指摘する。【関東晋慈】
[2009/03/11 08:18 ] | 医学 | コメント(0) | トラックバック(0)
第466回 少なくとも週に1回魚を食べる10代の少年は知能検査のスコアが高い
◆少なくとも週に1回魚を食べる10代の少年は知能検査のスコアが高い
Teenage boys who eat fish at least once a week achieve higher intelligence
scores
9-Mar-2009
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2009-03/w-tbw030909.php

Acta Paediatricaの3月号に発表された約4000人の10代での研究によれば、少なくとも週に1回魚を食べる15才の少年は、18才の時の認知スキルが高かった。週に1回で複合・言語・空間視覚認識スコアが平均6%増加するがそれ以上食べると11%増加する。スウェーデンの研究。少なくとも週に1回食べるのは58%で週に1回以上食べるのは20%だった。

Fish intake of Swedish male adolescents is a predictor of cognitive
performance.
Aberg et al.
Acta Paediatrica. 98.3, pp 555-560. (March 2009).

食品安全情報blog
[2009/03/11 08:17 ] | 医学 | コメント(0) | トラックバック(0)
第465回 高齢の父親の子どもは幼少期の知能検査の成績が悪い
高齢の父親の子どもは幼少期の知能検査の成績が悪い
Children of older fathers perform less well in intelligence tests during
infancy
9-Mar-2009
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2009-03/plos-coo030309.php

PLoS Medicineの論文。母親は高齢な方が子どもの認知検査の成績はよい。

Saha S, Barnett AG, Foldi C, Burne TH, Eyles DW, et al. (2009)
Advanced paternal age is associated with impaired neurocognitive outcomes
during infancy and childhood.
PLoS Med 6(3): e1000040. doi:10.1371/journal.pmed.1000040
オープンアクセス

食品安全情報blog
[2009/03/11 08:13 ] | 医学 | コメント(0) | トラックバック(0)
第464回 メタボは肝がんリスク高く イソフラボンも関連か
メタボは肝がんリスク高く イソフラボンも関連か
2009年3月10日 提供:共同通信社

 肝臓がんのなりやすさと関連する要因を厚生労働省研究班(主任研究者津金昌一郎(つがね・しょういちろう)国立がんセンター予防研究部長)が疫学調査で分析したところ、メタボリック症候群につながる肥満や高血糖だとリスクが高まり、女性では、大豆食品に豊富に含まれるイソフラボンの摂取が関連する可能性が、10日明らかになった。

 研究班は「がん症例が少なく、結果がすべての人に当てはまるとはまだ言えない。だが肝がん患者の約8割を占める肝炎ウイルス感染者には、生活習慣を見直す参考になるのでは」としている。

 調査は、新潟など6府県の40-69歳の男女約2万人を1993年から最長2006年まで追跡。この間に102人(男67人、女35人)が肝臓がんになった。

 メタボリック症候群につながる高血圧など計5つの要因との関連を調べたところ、過体重(肥満)と高血糖が重なると、何の要因もない人に比べ肝がんのリスクが3.4倍になった。

 イソフラボンは、食事内容から割り出した摂取量によってリスクを検討。男性は関連がなかったが、女性では、摂取量が最多(一日当たり豆腐なら100グラム以上)のグループのリスクは、最少(同50グラム未満)グループの最大3.9倍だった。

 倉橋典絵(くらはし・のりえ)国立がんセンター研究員は「イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと構造が似ており、もともと肝がんの予防作用があるとされるエストロゲンの働きを妨げる可能性があるのではないか」と話している。



[2009/03/11 08:10 ] | ダイエット | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |