FC2ブログ
第474回 1日1杯のワインがバレット食道リスクを低下
◆1日1杯のワインバレット食道リスクを低下

 ワインを1日1杯飲むと、食道癌(がん)の前兆であるバレット食道(Barrett’s
esophagus)のリスクが低下する可能性が示された。バレット食道は酸の逆流により食道が回復不可能な損傷を受けることによって生じるもので、人口の約5%にみられる。この症状のある人は、食道癌の一種である食道腺癌の発症リスクが30~40倍とされている。

 米カイザーパーマネンテKaiser Permanente医療プラン(カリフォルニア州)の研究員、Douglas A.Corley博士らによる今回の研究では、北カリフォルニアの男女953人を
対象に調査を実施。1日に1杯以上の赤ワインまたは白ワインを飲む人は、バレット食道の発症率が56%低いことが判明した。ビールや蒸留酒ではリスクの低下はみられず、またワインの摂取量が増えても予防効果の増大はみられなかった。

 この研究は、医学誌「Gastroenterology(消化器病学)」3月号に掲載された。同じ号に掲載された2研究でも同様の結果が得られている。オーストラリアの研究ではワインを飲む人の腺癌発症率が低いことが示され、アイルランドの研究では、ワインを飲むと食道炎のリスクが低下することがわかった。ワインがバレット食道リスクを低下させる理由は不明だが、抗酸化物質の効果によるものか、ワインを飲む人は一緒に食物を摂取することが多いため、アルコールを単独で飲んだ場合に比べて食道組織の損傷が軽減されるためと考えられるという。

 今回のワインに関する研究は、バレット食道および腹部肥満と食事との関連を調べる大規模研究の一環として実施された。この研究では、果物や野菜を1日に8サービング(※編集注=生野菜の場合は8カップ分、果物の場合は中程度リンゴ8個分に相当)摂取し、標準体重を維持することが、バレット食道のリスク軽減に有効であることもわかっている。「赤ワインが心臓によいことはすでに知られているが、健康的な生活習慣と1日1杯のワインの利点が新たに示された」と、研究を率いたカイザーパーマネンテのDouglas A.Corley博士は述べている。

(HealthDay News 3月2日)
スポンサーサイト



[2009/03/21 08:36 ] | 医学 | コメント(1) | トラックバック(0)
<<第475回 長男の変な格好 | ホーム | 第473回 「あきらめない姿、見て」 1型糖尿病の岩田稔投手 WBC、侍ジャパン支え>>
コメント
No title
大腸がんの腺がんも予防できますか~??ワイン無添加のものにはまりつつあります。
[2009/04/08 20:52]| URL | りーり #wpJTckbY [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |